本格的な駆除

コウモリの生態を知っておこう

夕方になると黒く小さな鳥のような生き物がパタパタと飛ぶのを見たことがあるでしょうか。上下左右、縦横無尽に飛び回る姿は鳥とは違います。実はこれがコウモリなのです。コウモリは夕方になると巣から出て餌を探しに外を飛び回り、高架下や建造物の隙間、私たちの住む家の天井など至るところを住処にしています。コウモリ駆除を行う場合、応急対策しては忌避スプレーなどを使用出来ますが、一時的な効き目しかありません。本格的な駆除ならコウモリ駆除を専門に取り扱う害獣駆除サービスに依頼するしかないでしょう。7月から8月にかけて繁殖するのでこの時期を避けた時期での対策が望ましいとされています。家の周りをコウモリの大群に飛ばれないように日頃の異常には迅速な対応が必要です。

2センチの隙間から侵入するアブラコウモリ

皆さんはコウモリについて何か知っていることがあるでしょうか。近年、コウモリ駆除のサービスを利用する人が増えています。ホームセンターではコウモリ除けの忌避スプレーが多く店頭に並んでいたりもします。民家に住み着くコウモリはアブラコウモリといい、通称イエコウモリとも呼ばれることがあります。5センチから10センチほどの小さなコウモリで2センチの隙間があれば、何処へでも侵入することが出来るのです。忌避スプレーを使っても一時的な効果しかなく、素人がコウモリを完全に駆除することは難しいと言えます。コウモリについての詳しい知識とコウモリ駆除の経験が豊富な害獣専門の駆除サービス業者に任せることがお薦めです。駆除サービス業者では駆除をした後、コウモリが入る隙間を埋め二度と侵入出来ないようにする工夫も行っています。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com