感染症になる可能性

コウモリを近づけさせないためには

害獣と呼ばれる動物にも色々な種類がありますが、コウモリに巣を作られて困っている人も少なくありません。特に人を襲ったりする動物ではありませんが、やはりどんな菌を持っているかわかりませんし、巣を作られると糞などで家の周辺を汚されることとなってしまいます。コウモリ駆除の方法では、まずは市販の忌避剤を使うという方法があります。スプレータイプのものが販売されていますので、近づきそうな周辺に散布して様子を見ましょう。さらに超音波を発生させて近づけさせない機器もあります。様々な方法を取っても、まだ近づいてくるという場合はやはり専門の業者への依頼も考えられます。プロのコウモリ駆除は費用はある程度かかるものの、再び近づかない工夫もしっかり行なってくれます。

駆除の際に気をつけたいこと

コウモリ駆除をする際に気をつけたいのは、捕獲した場合も素手で触らないことです。野生動物はどのよう病原菌を持っているかわかりませんので、うかつに触らないようにしましょう。それからコウモリ駆除で気をつけたいのはコウモリは鳥獣保護法の対象となっていますので、むやみに捕まえたり、殺傷することは禁じられています。虫取り網や捕獲器で捕まえた場合もその後は自然に帰してあげましょう。専門の業者に依頼すればより完璧な駆除ができますが、ただ追い出すだけではなく、その後の清掃や消毒もしっかり行なってくれる業者を選んでおきたいところです。追い出しただけではまた帰ってくることもありますから、再び近づけないためにも確実に侵入口を塞いでおきましょう。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com